<< 地獄の北西の風 | main | おいっ子と 将棋勝負 >>
都会ではない地方のよさ発見

JUGEMテーマ:家族のこと

 

3連休ということで 東京より おいっ子達が 徳島に やってきました。

 

年に 数回しか 帰らないので こんなときは 徳島の名所に案内しようと

思っていても みんなの時間があわず 半日に いけるところを探すも

どこも いっぱい

 

「みんな どこに 行きたい?」

 

と 運転の準備をしておりますと・・・・・・・・

 

「ポケット!」

 

いや いや ご近所の駄菓子屋さんでは ないですか?

 

でも 徳島にいますと いつも身近な 駄菓子屋さんですが

都会では めずらしいみたいです。 

 

300210-12.JPG

 

もう おいっ子たち おおはしゃぎ

 

それも 前回 お店でつくってくれたスタンプ帳を わざわざ 東京から持ってきている

のには 驚かされました。

 

300210-13.JPG 300210-14.JPG

 

我々は いつも身近な駄菓子屋さんですが 都会では お店がなく くちびきなど 縁日の楽しさを

毎日 通えて 徳島って うらやましい みたいです。

 

300210-15.JPG

 

確かに 1個 10円や20円で お買物が できるって 都会の1坪 何百万の土地の

上に建物を建てて 固定資産税を支払って 駄菓子屋さんをする経営者は

いないことに 子供達の行動をみて 教わりました。

 

こんな少子高齢化で 人口減の徳島ですが 都会人からみて 目線をかえると

すばらしいところです。

 

「おっちゃん 徳島で 釣りが 出来るの! 行きたーーーい!」

 

池の中にいる釣り堀ではなく 太平洋を 黒潮に のって 泳いでくる

回遊魚釣りを 体験したいみたいそうです。

 

今度 釣りに つれていってほしい と 頼まれました。

 

いかだの上で 巨大サンノジを釣り上げた 娘 いとこたちに 自慢して

おりました。

 

徳島では 当たり前でも 都会では 宝島の四国のよさを 教えてもらった

休日の一コマでした。

 


| 2018.02.11 Sunday | 徳島再発見 | comments(2) |
[15:41]
Comment
私も 駄菓子屋さんって 当たり前と思って
いましたら 都会では ないみたいですね。

子供のたからのお店 ずっと 続けてもらいたいです。
From.あおちゃん 2018/02/12 4:23 PM
私も 駄菓子屋 大好きです。

松方弘樹ばりに ゴッソリ買ったり

『好きなだけ買え』とか言ったりしても

お会計は1000円程度

セレブ気分が味わえますw
From.いしべっち 2018/02/12 10:35 AM