<< 衣替えの宅建城 役員人事スタート | main | 築年数より リフォーム力 >>
これからの家主業は大変です

JUGEMテーマ:賃貸マンション

 

都市部では 家賃相場がどんどんあがり あがれば 不動産収益も

あがり それにともない 不動産価格も上昇

1年先 2年先に売れば 購入した値段より高く売れる高度成長期の

ような不動産バブル

 

しかし 人口減の徳島において 家賃相場がどんどん下がっており

不動産を買えば 次の年 購入した価格で売れない厳しい現実

 

店舗を紹介する際 動力エアコン 家主様が つけてくれておりますと

いえば 喜んでいただけた 内見者も 今は あまり 反応がない。

 

と いうことは 今 テナントの居抜き物件では どこも 取り付けてくれて

いると 想像がつきます。

 

300509-3.JPG

 

これからの家主様 空間を貸しているという時代から きれいにお膳を並べて

はいどうぞ おめしあがりください と 経費をかけないと 内見者に選んでもらえない

時代が到来です。

 

力のある家主様は どんどん改装して客付を行い 力のない家主様は どんどん退去されて

いかれます。

 

退去されると ドル箱収益物件から不良債権物件化となり 今度は 力のある家主様が

その物件を購入して 力のある家主様と力のある家主様が 客のとりあいをはじめる

サービス合戦

 

弱肉強食の不動産戦国時代です!

 

昔は 収益物件を持っていたら 仕事がなくても 食べていけるという時代は終わり

家主業も 温泉旅館業と 同じで また ここに泊まりたいと 思わせないと

どんどん 収益率下がっていき ゴースト化をはじめます。

 

これからの時代 いろいろと 考えていかないと 大変な時代がきたなあ と

内見の案内中に感じた 一コマでした!

 


| 2018.05.10 Thursday | 不動産日記 | comments(2) |
[09:07]
Comment
いろいろ ありますわーー
From.あおちゃん 2018/05/11 1:31 PM
いろいろ、ありますなぁー
From.内田 2018/05/10 10:29 PM