<< 今日は 燃やせるゴミの日 | main | 宅建城 平成30年度 第6回定時総会 >>
ロールプレイング ダンジョン 他行肩代わりの章

JUGEMテーマ:宅建

 

さあ ハセベ先生とパーティーを組んで 巨大ダンジョンへ

 

「すみません 融資の担当者 いますか?」

 

「はい はい どうされましたか?」

 

「この融資 お返ししようと よらさせていただきました!」

 

戦闘開始

 

 

300607-5.jpg

 

ハセベ先生 魔法の呪文を唱えた。

 

マッショウノイニンジョウクレビーム

 

バシ! 相手のHP 30 奪った! 

 

「いや いや アオヤマさん どういうことですか? 今まで メインバンクとして

うちが ずっと資金管理 みてきているのですよ!」

 

グサ! オンギセガマシイチョップ 炸裂 HP 40 奪われた!

 

「資金管理をみてきたって? 資金回収はするけど 追加融資など打ってくれた

ことあるんですか?」

 

バシ! よし 相手が ひるんだ そして 相手が 仲間を呼んだ

 

「いや いや アオヤマさん どうされました? 当行としても 困ったときは

協力させていただきますよ!」

 

役席吟遊詩人 マホタンカバリアをかけた。

 

「困ったときって なんでも かんでも 保証協会付って そんなのどこの銀行の

役席でも できますわ!」

 

会心の一撃!

 

「いや ハセベ先生 お久しぶりです。また 当行としても いろいろと 登記の

お仕事 お持ちさせていただきますよ!」

 

バシ ラリホー! ハセベ先生は 深い眠りに入った!

 

「先生 起きてください! いや いや 条件面でも 相手の銀行さんが いい

条件だしてくれるので 全部 変わるや いってないので これだけ 抹消して

くださいよ!」

 

「何 いっているのですか! 当行の元職員が そんなことするのは 選択肢に

ないですよ!とりあえず 期間延長の約定返済の稟議をあげるので よろしく!」

 

痛恨の一撃

 

「ラスボス 奥に いるんでしょ? 出してくださいよ!」

 

「今 窓口は 私 なので よろしく!」

 

ダンジョン戦闘 全滅

 

全クリが 非常に難しい ロールプレイングゲームでした!

 

恐ろしや ピンクの銀行

 

次は レベルアップして 最強の武器と防具で いどみます!(>o<)

 


| 2018.06.08 Friday | 不動産日記 | comments(0) |
[17:29]
Comment