<< 2ヶ月に1回の定期検診 | main | ここほれ ワンワン 出た ヤッターフクイケ社長 >>
宅建取引 「士」 と 医 「師」

JUGEMテーマ:病院へいこう!

 

私 医療外来にいって 主治医の先生と いろいろと 自分の病気に

関係ないことを 聞くのが大好き。

 

同じ 国家試験なのに 不動産屋は 「士」 で お医者さんは 「師」

 

これ 国家試験の難しさ? と 聞きますと 弁護士さんは 弁護「師」で

ないから これは 関係ないみたい。

 

じゃあ 「師」 とは いったい なんじゃらほい?

 

その道を究めた人がつける称号みたいです。 医師 薬剤師 美容師 理容師

調理師 クギ師 悪い職業では 詐欺師 ペテン師 も 悪いなりに その道を極めた称号

 

でも 歯科衛生士 理学療法士 救命救急士 と 医療関係でも 「士」と「師」に

わかれております。

 

 

(写真は イメージ)

 

そんな中 外来患者さんをみているときに 私の診察で 小さな がん細胞を

見落とし はい 異常ありませんというと そこで医師と患者さんで おわらず

帰ると 奥さんから どうだった? と 聞かれ 異常なし と 答え

その後 一度も こなかった場合 私の判断で 手遅れとなると 患者さんが

不幸どころか そこの家庭で 奥さんと子供さんを不幸にさせるのも 医者である

だから つねに 患者さんのうしろには その家族がいることを いつも思って

常に考えて診察しろ と 大学の医学部時代に 教育されたそうです。

 

だから 常に 医者は 自分の技術を向上させて その道のプロとして

きわめていかないといけないから 医士 ではなく 医師 だ そうです。

 

納得させていただきました。

 

「士」と「師」の違い ちこちゃんに ぼーっと 生きてんじゃねーーよ!

と しかられずに すみました。

 

異業種のみなさんと いろいろと お話をさせていただき お勉強になりました

定期検診の診察室の一コマでした。

 


| 2018.08.27 Monday | 不動産日記 | comments(0) |
[21:27]
Comment