<< テレビの影響 恐ろしや おからパウダー | main | 台風顛末 神山町の畑 >>
台風の爪痕 壊滅 畑のしだれ桜

JUGEMテーマ:家庭菜園

 

生前 父が 畑に植えていた しだれ桜の木 前回の台風で 1本 倒れて 先日 処分完了した

と思ったら 次の台風21号の風圧が大きく 地盤も緩んでいたのか ついに 残りのしだれ桜

3本の木も 投げ倒されておりました。

 

300907-4.JPG 300907-5.JPG

 

たぶん 植樹して 樹齢20年と思うのですが これで 倒れるので 樹齢400年

や 500年などの神社 仏閣にある木など かなりの手入れをされているのだろうと 思いました。

得に 台風の通り道 屋久島の木は 縄文時代から 今も倒れず すごいです。

 

倒れた しだれ桜は 植木鉢をおこすように よっこいしょと動かず 大型重機を持って

ひっぱりもできず 一枝 一枝 マイノコギリで 切り下ろして 処分

 

300907-6.JPG 300907-7.JPG

 

もう 桜は 勘弁してほしい と 世界で 思っているの 遠山の金さんに 白砂で もろ肌

ぬいで ひったてぇーーーといわれ 打ち首獄門にあう罪人集団 と 私 ぐらいのものです。

 

300907-8.JPG 300907-9.JPG

 

しかし 今回の台風は すごかったです。 いろいろと 被害が出ております。

 

なんとか 畑の倒れた桜の木の枝を切り お隣さんの山から 倒れてきた 竹を切り

終了

 

300907-10.JPG 300907-17.JPG

 

倒木と 暴風のため さといもの葉っぱ 全部 折れて飛んでおりました。

 

たぶん 野菜の値段 高騰することでしょう。

 

300907-11.JPG 300907-12.JPG

 

そんな中 早めに ナスやピーマンの木を 1/2にせん定していたおかげで こちらは

暴風が通り抜け 枝が 折れていませんでした。

 

300907-13.JPG 300907-14.JPG

 

そして 先日植えた だいこん

 

300907-15.JPG 300907-16.JPG

 

だいこんは 徳島の風土に合うのでしょうか? すべてのマルチの穴から 芽を出しておりました。

 

だいこんは 春に植えるより 秋に植えるのが 甘いので 期待できそうです。

 

まあ 不幸中の幸いで 東に育った しだれ桜の木が倒れて処分しますと 花房の畑に

サンサンと太陽の光が入るようになり 野菜作りには いいのかもしれません。

 

地盤が乾くまで もう 台風は こないでほしいと 思った畑の一コマでした!

 


| 2018.09.08 Saturday | 家庭菜園日記 | comments(0) |
[08:59]
Comment