<< 不動産屋の春は もう てんてこまい | main | シンプル イズ ベスト ミヤタ看板 >>
新天地で がんばる アップルくん

JUGEMテーマ:農協

 

3度目の就職先で がんばる アップルくん。

 

今までは 見習い期間として泳がしてもらえたかもしれませんが 採用され正式社員と

なりますと りんご売り だけでは 許してもらえません。

 

預金 共済 年金 積金 肥料販売など 今まで 銀行の融資畑でいた

アップルくんが 未知の世界で チャレンジ中

 

310403-1.gif

 

先日 定期預金の満期があり 継続に行きますと なに この粗品 しょぼい

といわれ 驚いたそうです。

 

定期預金の満期案内の書換に こちらから足を運んで その上 粗品をあげたのに

しょぼいといわれ 「はあ?」 と いいたくなったそうです。

 

アップルくん世代の銀行時代が バブル後の自己資本比率をいわれ

あま定期預金や定期積金など必要なく 預金があるなら投資信託に

振りかえてもらい 手数料収入をいわれる時代。

 

私のいた30年前は 1000万円以上の大口先は 支店長や代理が担当

300万円以上なら1週間前までに 満期案内にいって ごあいさつ。

 

公定歩合 6%の時代です。

 

預金のあるお客様は 利子5%がついた上 粗品も ジュースや

ビールの詰め合わせなど 交際費としてその予算は支店で確保

 

そんな時代を知らないアップルくんは 我々より年上のお得意様の対応に

驚いたみたい。

 

まして 融資先は 行員と経営者で フィフテーフィフテーで お付き合い

でできますが 預金先 年金先は 100% お客様は神様です の世界。

 

担当エリアの数字をあげるためには こうべをたれる稲穂のように

対応していかないと ノルマなど 達成できません。

 

30を超えて 腰を低く営業活動を続けることで とげとげしさが消えて

人間丸くなっていくと思います。

 

「はあ?」 といわず 「できるだけ お客様のニーズに対応できるように

新人のアップルですが がんばります」 と いって 帰ってくることが

できるように がんばってください・・・・・・・・アップルくん!

 


| 2019.04.06 Saturday | 不動産日記 | comments(0) |
[11:56]
Comment