<< ゴールデンウィーク里帰りの注意点 | main | 休日は神山町の畑へ直行 >>
当たり前なのに 違和感のあるあいさつ

JUGEMテーマ:休日

 

月末が近づいてきますと 集金業務のひとつ 家賃を持って

入居者のみなさん やってきてくれます。

 

そのときに お客様が 「4月は いつまで されるのですか?」

 

「28・29日は お休みですが 30日は 営業しております。」

 

と いいますと 

 

「じゃあ 今年は アオヤマさんに会うのが 4月は 今日で 最後なので

よいお年を!」

 

「えっ?(゜o゜;」

 

大晦日やお正月と 間違っているのか?

 

4月で 平成が終わり 5月1日から 令和元年がスタートするので

よいお年を は 正しいみたいですが 違和感がありました。(^▽^)

 

 

私 年賀状 書いておりません。(^▽^)

 

年越しそば 食べるのだろうか?

 

初詣の用意 初日の出を拝みにと いろいろと いそがしくなりそうです。

 

5月1日には 会う人 会う人に 新年明けましておめでとうございます と

年始のあいさつをしないと。

 

では みなさん よいお年を!

 

いろいろと お客様から 教えられる 年末年始のごあいさつでした。

 


| 2019.04.27 Saturday | 不動産日記 | comments(0) |
[23:26]
Comment