<< 畑のあじさいが 咲きました | main | 旬の食材を求めて 阿波食ミュージアムへ >>
七夕の郷 下分 神山町

JUGEMテーマ:七夕

 

神山町にやってきますと 町内あげてのイベント行事なのか 七夕の笹の短冊が 街道を

美しく飾り付けされておりました。

 

町内会のみなさん 雨の中 セッティングご苦労様です。

 

010630-27.JPG 010630-22.JPG

 

私も 美しい光景だったので 写真を 1枚 カシャ

 

010630-23.JPG

 

笹の葉に近づいてみますと 短冊に みなさん願い事を書かれておりました。

 

短冊に 書かれたメッセージ 達筆で 書かれております。

 

010630-24.JPG

 

常に流れている水は腐らない

 

そういや 昔 さんちゃん社長さんが 宅建愛宕山連歌の会で

 

「ときは今 あめが下知る 五月かな」 あっ 失礼

 

「池の水も たまには交換しないと汚れてくる」 と 関西大学の政治学の

先生から学んだ言葉で たきつけて 本能寺の変が おこったこと

思い出しました。(^▽^)

 

今や これがうまいと 喰うは おたぬき という天下泰平の時代です。

 

しかたない ブログネタのためにも 大阪冬の陣 夏の陣の 淀君様とその仲間達のキャスティング

考えよっと!(^▽^)

 

010630-25.JPG 010630-26.JPG

 

本当に神山町は 温泉もあり 道の駅の産直売り場は いつもいっぱい サテライトオフィスや

ショップの進出で 未来のある 神山町は 活気があっていいものです。

 

010630-28.JPG

 

七夕まつりは このところ 毎年 曇りか 雨なので 今年は 晴れてほしいと

思います。

 

神山町の七夕まつりの準備風景でした。

 


| 2019.06.30 Sunday | 不動産日記 | comments(0) |
[20:12]
Comment