<< 秋田町発24時「エアコンがきかない」 | main | サークル活動 ウォーキング部 SNSのすごさ >>
これがサラリーマン所得の現実なのか? アップルくん

JUGEMテーマ:銀行

 

元の職場を辞めて ノルマにおわれないファミリー企業に就職したアップル君。

 

お勤めして 無事1年を迎えようとしている矢先 また 脱サラ。

 

職場で 何か いやなことでも あったのか? と 聞きますと

 

本人 エクセルで 家計簿をつくっており それをみせてくれました。

 

 

「アオヤマさん みてください 私 生活できません。(>o<)」

 

いや いや あんた この所得で 普通の人は 切り詰めて 生活しているの

だが よく よく その家計簿を みますと 生命保険料・医療年金保険等6万円と

なっている。

 

30代で 保険かけすぎてないのか? 聞きますと 将来 どんな病気に襲われる

わからず 60歳で 仕事がなくなると 保険金が満期になり そのお金で

老後の生活の足しにするので これは やめれません とのこと。

 

ファイナンシャルプランナーの免許を持っている人は 考え方が違います。

 

じゃあ このスマホ代の通話料が高いので ガラケイにかえたら といいますと

スマホは 生活の一環ですから やめれません とのこと。

 

月の給料から 家賃 奨学金 保険金 携帯電話料 などを引くと 月の食費が

2万円って あんた どうやって 暮らしていくの?

 

まだ 結婚して 子供がいないので 助かっているのですが? って 今の

若い人 人生100年時代の将来設計を今からきんと考えているのはすばらしい

ですが 目先の生活 大丈夫なのでしょうか?

 

その点 うちらバブル世代は 宵越しの金は持たないのか 一番貯蓄率が悪い

世代だそうです。

 

だまって俺について来い クレージーキャット

 

そのうちなんとなるだろう では すまされない 若きアップルくんの悩みでした。

 

新天地も がんばってください!・・・・・・・アップルくん!

 


| 2019.08.03 Saturday | 不動産日記 | comments(0) |
[11:00]
Comment