<< 連休中もお仕事 燃やせるゴミの日 | main | サークル活動 映画部 「ミッドウェイ」 >>
強風が 不幸中の幸い 

JUGEMテーマ:農作業・家庭菜園

 

お彼岸の中日は 神山町では おじりさん? という伝統行事なのか 農作業を休んで 五穀豊穣に

感謝する秋の元旦の日なのでしょうか 農作業に行くのを中止

 

そして 上八万町花房の畑に来ますと 川に堤防沿に たくさんの軽トラックが並んでいたので

町内一斉草刈り日なのかと 思っていましたら 神主さんの祝詞が 聞こえてきました。

 

020922-6.jpg 020922-7.jpg

 

農村地域は 神山町も 上八万町も お彼岸の中日には ご近所が集まって お神さんへの

奉納行事が あるんだなあと 知ることができました。

 

と いうことは 我々不動産業界は 農村地域の宅地を仲介するときは 町内会の入会金や

町内会費 水利組合費 神社奉納費 及び 秋の神事のお灯番 引越前には 菓子折を持って

村の長にあいさつに行くなど 重要事項説明書に 記載しておかないと 何も知らず 都市部感覚で

不動産を購入してきた人が そんなの買った不動産屋から 聞いていないと 地域から

村八分にされて 一般ゴミも出せない状況に おちいることでしょう。

 

田園エリアの宅地の仲介・販売を予定されている 説明を怠った不動産屋のみなさま

 

不動産無料相談所で お待ち申し上げます。(^▽^)

 

と いうことですが ここでも お彼岸の中日には神事をしているので 農作業をしてはいけないの

だろうか? と 思いましたが まあ 私は よそもの

 

ここは 知らなかったことに しておきましょう。

 

020922-8.jpg 020922-9.jpg

 

しかしまあ 前回の台風の強風で 根が擁壁が邪魔して はることができなかったのか

畑へ行きますと 生前 父が 植えていた クルスマスツリーのような 何の木がわかりませんが

倒れておりました。

 

木が倒れると 簡単に 運べないので 倒れた木の上から枝を ひとつ ひとつ切り落として

解体

 

動かせる大きさに切ってから 人力で移動

 

枯れて 軽くなるまで 畑の玄関に放置

 

020922-10.jpg 020922-11.jpg

 

でも 不幸中の幸いで この木が 強風で倒れてくれたおかげで 畑に東側部分が 丸裸となり

太陽が サンサンと 入ってきました。

 

020922-12.jpg 020922-13.jpg

 

これで 風通しもよくなり 害虫被害が 少なくなりそうです。

 

020922-14.jpg 020922-15.jpg

 

台風が来るということで とりあえず 飛びそうなマルチに ブロックをのせて固定

 

020922-16.jpg 020922-17.jpg

 

カリフラワーも 根付いたのか 背筋をピーンと 伸ばしはじめました。

 

020922-18.jpg

 

これで 私の3連休も 終わりです。

 

休日の家庭菜園の一コマでした。

 


| 2020.09.23 Wednesday | 家庭菜園日記 | comments(0) |
[08:49]
Comment